木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:散歩 ( 237 ) タグの人気記事


2019年 01月 08日

朝のお散歩コース

2019-1-6

いつものお散歩コース

家の前から東に歩きゴウ介家の前を過ぎ、県境の山路に出る

セラと相談して、上るか下るか

朝日に輝く編笠山に向けて上る

振り返ると南アルプスの山並み

朝日に染まる北岳、甲斐駒ヶ岳を望む       

右手は県境の谷、いつも鹿の大群が移動していますが今日はいないようです

右手に上ると防火帯に出るのですが、鹿が多くてセラが興奮しますので

今日はその下の路を行く

ぐるっと地区を一周するいつもの散歩コースです

今朝は外気温ー4.5℃

少し寒いですがまだ痛くはないです

森の木々の間から朝日が差し込み始めると

カラマツのてっぺんが

オレンジ色に輝きだします

朝のお散歩のクライマックス

d0082305_10580360.jpg
d0082305_10583752.jpg
d0082305_10585806.jpg
d0082305_10593700.jpg
d0082305_11000388.jpg








by takibiyarou | 2019-01-08 06:51 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 07日

穏やかな朝です

2019-1-5

セラの寝言で間が覚める
森を走っているのでしょうか、足も動いています
のども乾いていますので、起きますか
午前五時、外気温2℃、比較的暖かい
冷たい水で喉を潤し、ストーブの熾きを掻き起す
羽毛の上着を羽織って外に出る
デッキと西窓際のえさ場にひまわりに種を追加し飲み水を変える
飲み水は薄っすらとした氷
いつものようにがちがちに凍ってはいませんが、念のためお湯を足す
お茶を淹れて、ミカンを頂く
しばらくするとセラが下りてきた
家内はまだ寝ています
炊飯器のスイッチ入れて、お散歩に出かけます
今日は防寒コートは要らないよう、作務衣にマフラー巻いて出かけます

いつもの県境付近に差し掛かると東の空が明るくなり

雲が薄ピンクに染る

そんな空に、木々のシルエットが重なります

いつもなら鹿の気配が濃厚なのですが

今朝はセラの反応なし

穏やかな朝です

防火帯の下の路をぐるっと回るが

人の気配無し

もう下山された家が多いようです

さて、帰ってしてんちゃんと朝餉にしますか

今日もまたぐうたらな日になりそうです
d0082305_10300909.jpg
d0082305_10302557.jpg
d0082305_10304806.jpg
d0082305_10322586.jpg






by takibiyarou | 2019-01-07 06:42 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 31日

大みそかの朝

2018-12-31

昨夜はかなり早く床に就いたので
早く目が覚め過ぎました
そこをなんとか4時まで辛抱して、起きだします
森は真っ暗、気温は‐7℃
ストーブに薪を足していますと、セラが下りてきてストーブの前面を占領
デッキの本店と西窓の支店に鳥とリス用にひまわりの種と水を補充
本店の水飲みにはヒーターがあるので凍らない、が西窓支店の水容器はカチンカチン
氷を取ってお湯で満たす、少しの時間はもつでしょう
森はまだ暗いが
お散歩行きますか
セラに防寒用セーターを着せ、私も防寒コートに身を包んで、いざ、森に出る
寒気がピリピリと顔を刺す
あまりの寒さにセラもすぐに帰りたがるので
用足しだけで引き上げる

森が少し明るくなって来ました
セラと二度目のお散歩
ゴウ介家起こして森を歩きます
昨日はきれいな朝焼けでしたけど、今日は空が青い
上り始めた朝日が
青く澄みききった空の冬の雲を輝かせ
肌を刺す寒気が、その美しさを一層際立たせる
ゴウ介も老体に鞭打って上ってくるが、この辺でショートカットした方が良いようです
ゴウ介家と別れて
セラともう少し上まで上ります


d0082305_09174647.jpg
d0082305_09192343.jpg
d0082305_09194949.jpg
d0082305_09202268.jpg
d0082305_09210141.jpg
d0082305_09220621.jpg
刻々と

その輝きを変える

大みそかの空の下を

セラと歩きます

そろそろ

体も冷え切ってきました

帰って

暖まりますか








by takibiyarou | 2018-12-31 09:26 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2018年 12月 26日

2018-12-22

なんだか凄く暖かい
いや、暖かいわけではないのですが、寒くは無い
昨夜は12時少し前に、森入り
習慣的に薪ストーブに火を入れましたが、少し着込めばすむほどの寒さ
ストーブの炉内も冷え切っていないようで、よく燃えます
d0082305_06351468.jpg
d0082305_06355088.jpg
朝方降っていた霧雨も上がったらしい

セラと散歩に出かけます

霧雨に濡れた山路に朝焼けが映る

やがてその朝焼けは東の空一面に広がり、一気に森に朝がやってくる

師走と言うのに、薄着でお散歩できてます

しばらく進むと、虹

このまえ虹を見たのは何時でしたでしょうか

思い出せない

森の行く手に大きく掛かる虹

少しうれしくなりますね

雨の予想でしたが、晴れそうです
d0082305_06394234.jpg








by takibiyarou | 2018-12-26 06:41 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 12日

静かな師走の森

2018-12-09

一足先に起き出したセラの後を追う

薪ストーブの、かすかに残った熾きを掻き起こし

薪を足す

セラは、蓄熱暖房機の側で二度寝を楽しんでいます

ご飯のスイッチを入れて、出かけますか


だいぶ冷えてきましたね

でも、いつもの12月ですともっと寒いはず

まだ少し暗い森を

県境の谷に向かう

少し厚い雲が、寒そう

振り返ると

南アルプスに、僅かに雪が

静かな

師走

早朝の森です
d0082305_08252305.jpg
d0082305_08273814.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2018-12-12 05:42 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 05日

ヒコーキ雲

2018-12-02

セラが起きだして階下に降りてゆく
さて、私も起きますかね
森はまだ真っ暗です
セラはまだ少し熾きの残った薪ストーブの前で二度寝
熾きを掻いて薪を足す

鳥の餌を足してお水も入れ替える
お水が凍っていない
気温はそれほど下がってはいないようです
ご飯を炊く準備していますと、少し明るくなってきた

さて、お散歩しますか

曇った朝の空もなかなかいい

雲の薄いところが少し明るくなる

と、一筋の光の線が

ヒコーキ雲が朝日に輝いているのでしょか

なかなか素敵な光景でした


さて

今日は、何しますかねー

縁の下から、古い薪を引っ張り出して

それから、タイヤをスタットレスに履き替ええましょうか


まずは

帰って家内を起こして

朝餉にしますか

d0082305_08575385.jpg
d0082305_08581109.jpg
d0082305_08582904.jpg


by takibiyarou | 2018-12-05 05:45 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 30日

セラ、カートに怯える

2018-11-25

今日は晴天の割には、それほど寒くも無い
「創造の森」に行ってみようか
昔は、車で上まで行けたのですが、数年前から
有料のカートでしか行けなくなりました
ぶんた家にによりますと、そのカートには犬ももれるらしい
早速ネットで調べてみると、確かに4人とペットで2100円とある
2100円はちと高いが、まあ、3人と考えるといたしましょうか

場所は我が家から、車で4,5分の温泉、鹿の湯の裏
数台のゴルフ場のカートが置いてある
受付でチケットを購入すると、係りの人がカートの操作を教えてくれる
操作するのかと思っていると、ハンドル、ブレーキペダルなどには一切触れるなと
全て自動運転なので、スタートボタンを押すだけ
家内を前に座らせて、私は後ろでセラが飛び降りないように抑える
ドアもない完全なオープンカーですので、セラはかなり怯えています
九十九折りの路を25分かけて上る
路には10mmくらいの溝が切ってあり、これをガイドとして自動で運転してくれるらしい
歩いたほうが早いくらいのスピードなんですが
セラが怯えて、降りようとするのを何とか抱きかかえて抑える
小刻みに震えている・・・
紅葉のシーズンは終わったし、われわれだけかと思いきや、上からどんどんとカーとが降りてくる
かなりの盛況の様子、人件費も最小で、かなり効率の良い営業で有りますね
眩しいくらいの日差しの中を、カートはゆっくりと上ります
通いなじんだ九十九折りの路ですが、カートで上ると感じがちがう
セラをなだめすかして何とか頂上の彫刻公園に到着

標高1420mの展望デッキからは、かすかに諏訪の町、そして諏訪湖も望める
眼下に広がるのは、唐松の森
紅葉の頃に来たかったが、かなりの防寒が必要だったでしょう
公園内を散策しながら、富士山展望広場に
元旦の朝にはここまでリフトで上って、初日の出を拝む
極寒の中、数百人の人出です


d0082305_06455488.jpg
d0082305_06460786.jpg
d0082305_06472009.jpg
さて
セラを抱えて、下りますか
下りのカートに乗り込み、スタートボタンを押す
下からはどんどんと、家族連れのカートが上ってくる
セラは上りの時よりは少しだけ落ち着いてたようです
でも、早く降りたそう・・・

久しぶりに一眼レフを持ち出してきましたが
スマホ撮影に慣れてしまい
撮影データを取り込むのを、つい忘れてしまいました
なので
写真は富士見高原リゾートさんから、借りてきました・・・





by takibiyarou | 2018-11-30 04:07 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2018年 11月 06日

白みかけた森

2018-11-2

昨夜森に入る
森はそれほど冷え込んではいない
山荘も蓄熱暖房のおかげか、寒くは無い、が
まずは薪ストーブに火を入れる
闇に包まれた森に、ハラハラと落ち葉の散る気配
一杯引っ掛けて、早々に就眠

白みかけた森の気配に、目が覚める

森の木々の先端部が、シルエットとなってくる

セラが降りてきた

家内はまだ、起きる気配なし

炊飯器のスイッチを入れて、森に出かける

外気温2℃、いったん部屋に戻り

作務衣の下に着込んで再び森に

すでに森の木々はモノトーンから

うっすらと色づく森の予感

県境の路に出て振り返ると

錦秋の森がそこにある

上り始めた初冬の朝日に

輝く、尾花



d0082305_08003018.jpg
d0082305_07592228.jpg
d0082305_07593742.jpg






by takibiyarou | 2018-11-06 08:22 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 18日

霧の森

2018-10-14


昨夜からの雨も上がった様です

二度目のお散歩に出かけましょうかと

セラに声を掛けると

直ぐに勝手口で待っています

森は深い霧に包まれ、幻想的

木々のシルエットも霧に滲む

時たまパラパラと木雨の降る中

幻想の森を歩きます

人の気配も霧に包まれ

静まり返った森

ただ、谷川の水音だけが聞こえてくる

キノコももう終わったのでしょうか

見つけることはできません

雨上がり

霧の森
d0082305_11482290.jpeg
d0082305_11471322.jpeg



by takibiyarou | 2018-10-18 03:59 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 26日

これはお土産にいたします

2018-09-24

昨夜は清里の「もえぎの村」でイベントがあったようです
「大人のソト遊び」と称して、ジャズの野外コンサートやら出店やら
ご近所さん達、お出かけになられましたが
つい、人混みが億劫で
私は一人、引き篭もり
で夜のデッキで呑んでおりました

朝方お向かいさんとお会いしましたら
結構楽しめたようでした
d0082305_07195728.jpg
d0082305_07204887.jpg
d0082305_07204238.jpg
このキノコは、食べません
d0082305_07271069.jpg
「ジコ坊」三本収穫


今日もお散歩の途中たくさんのキノコに出会います、が、ほとんどは名も知らず
決していただくことはありません
で、「ジコ坊」三本収穫、これはお土産にいたします




すぐ近くに先日の台風で折れた白樺がある
管理事務所で伐採されたが
2mくらいで切られたまま5、6本打ち捨てられている

前を通るたびに、気に掛かる

白樺は薪として良く燃えるが

決して火持ちは良くない

でも気に掛かる

猫車(一輪車)持ち出し、運ぶ

お向かいさん家の庭先に

チェンソーやら、電動薪割り機をお持ちなので

暇つぶしにでもしてもらおう

思ったよりは

簡単に運べたが

出てきた奥さんが

あきれていました







by takibiyarou | 2018-09-26 07:39 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)